反対です
遺伝子レベルでのお勉強をし、親うさぎに完全に病気がないことを確認するなどしても、それでも奇形の子が生まれる可能性はあり得る。
その時どうできるのか、生まれる前から覚悟をしておかなければならない。
また、生まれた子を全部育てるくらいの気概を持ってではないと
里親募集など気軽にするのはあり得ない。
それは生まれてきた命に対しても生んだ親うさぎをも軽んじた愚行。
命を懸けて生んだのに。

そして子うさぎの里親募集は、
人間の身勝手て捨てられたうさぎや繁殖場からの引き上げうさぎなど、それを保護し里親募集を代理で行なっている方々の足を引っ張る行為。

「我が子の子うさぎが見たい」などのエゴでそういううさぎたちの幸せへの椅子取りゲームに参加しないで欲しい。
  • ちょん
  • 2018/03/10 (Sat) 04:24:47

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)