老うさぎさん・介護の必要なうさぎさんについて
運営者のmotacoです。うさぎさんの介護についてサイトに記載したいと思います。
私はうさぎさんの介護をしたことがないので、介護の経験のある方、お話お聞かせください。
よろしくお願いいたします。
  • motaco
  • 2018/02/24 (Sat) 20:07:38
Re: 老うさぎさん・介護の必要なうさぎさんについて
初代が四肢開帳肢でした。食糞が出来ないので盲腸便の出したてを見たらそれを白湯でときのませていました。自らお手入れできないのでマメに手入れをして、1日中腹部が床についているので内臓圧迫が心配でしたので、特製の抱っこ紐を作りそこに入れて飼い主が首から下げてました
  • いやげいげきぶつ
  • 2018/02/27 (Tue) 15:19:56
不正咬合のうさぎさんのお世話
うちの子はもう10歳ですが、幸いなことに介護が必要な状態ではないので、不正咬合のうさぎさんのお世話についてです。

歯切りは約二ヶ月に一度、全身麻酔をかけて切歯、臼歯の両方を、よくお世話になっている近所の病院とは別の小動物専門の病院で行ってもらっています。

無麻酔で臼歯の歯切りを行ってくれる病院も調べ、口コミも見ましたが、うさぎさんが暴れることによる事故や無理な施術により歯茎などをボロボロにされてしまったうさぎさんの話を見て、無麻酔にこだわるよりも信頼できる病院を探そうと考えました。また、うちの子は病院で先生が口の中を見ようとすると嫌がって暴れることがあるので、合わないだろうなと感じたので…。

一番刈りの牧草は勿論のこと、三番刈りや生牧草、ペレット型の牧草ですら今では食べてくれないため、普段の食事はペレットと野菜をあげています。牧草をもう食べてくれないことを伝えたところ、野菜でも繊維質を全くとらないよりは良いからあげてとのことでした。

でも、それだけだと心許ないのでペレットとペレ牧(固形牧草)をふやかしてすりつぶし、刻んだ牧草を混ぜてあげています。食い付きを良くしたいときはバナナを混ぜ込みます。牧草クッキーの生地みたいな感じです。

歯が伸びてきて食べづらくなってきたら野菜はあらかじめひと口サイズくらいに刻み、食欲が落ちてきたらペレットはふやかして与えます。それでもダメなときは刻んだおやつをかけます。それでもやっぱりダメなら強制給餌をします。

また、歯が原因で涙が出ているため、毎日ほっぺの毛をほぐしたり涙を拭いたりしています。

うちの子の不正咬合は先天的なものではなく、加齢が原因です。なんだかチモシーを食べるときに細いものばかり選んでいる、何となく目が潤んでいる、そう感じたときにもっと早くうさぎさんに強い病院を受診していれば、色んな牧草を試してあげれていれば今より症状がマシだったのではないかと後悔しています。

目が潤んでいると感じたときに近所の病院に連れていった際は、恐らく加齢によるものでしょうと片付けられ、小動物専門の病院にかかった時には臼歯が頬に刺さりかけてしまっており、牧草も完全に食べなくなってしまっていました。

歯切りにかかる費用は、私が通っている動物病院では、初診料3000+切歯3000+臼歯5000+麻酔7500+薬3日分(朝晩)900で約2万円です。
  • あや
  • MAIL
  • 2018/03/12 (Mon) 22:22:09

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)